エチェバリ前田さんとつくる小イカの墨煮と夏野菜の冷製
5f2c6e4e791d0225943c5b2e

エチェバリ前田さんとつくる小イカの墨煮と夏野菜の冷製

¥3,000 税込

送料についてはこちら

スペインバスクにある「アサドール・エチェバリ」現役スーシェフ、前田哲郎さんとのセッションです。 エチェバリは、レストランのアカデミー賞と言われる最高権威「THE WORLD'S 50 BEST RESTAURANTS」にて昨年3位に輝いた名店です。 https://www.theworlds50best.com/the-list/1-10/Asador-Etxebarri.html 3回目となるテツさんとのセッションは、料理ももちろんですがトークが魅力!世界の前田哲郎の世界にどっぷり浸っていただけます。毎回非公式の2次会が夜中まで続きますが果たして今回は…。 【つくる料理】 つくるのはバスクの郷土料理、イカの墨煮と、夏らしい焼きなすとトマトの冷製。シンプルだけど味わい深いバスク名物の墨煮は、現地では伝統的にカレーのように白米にかけて食べます。ご飯の用意も忘れずに! あわせる飲み物は「味がわからないくらいきんっきんに冷えたビールとロゼくらいで」とのこと。せっかくなので味はわかる程度に冷やしてご準備ください! <概要> 料 理:小イカの墨煮と焼きなすとトマトの冷製 日 時:8/17(Mon) 19:00-20:30 (18:30-ゼロ次会※) 場 所:参加者に前日メールでZoom のリンクをお送りします 参加費:3,000円 定 員:先着15名 内 容: まずは乾杯!前田さんのリードのもと、一緒に調理をしていきます。東原さんからお酒のお話も。少人数なので気軽に会話ができますし、料理教室とは違う「セッション」を楽しみましょう。 ※ゼロ次会について セッション開始30分前からゆるく集まりましょう。食材やカメラ位置、Zoomの設定の確認などをした上で、自己紹介までここで終わらせます。 <準備するもの> 食材や調味料は各自で準備をお願いします。食材の量は下記を参考に必要分量を調整してご用意ください。 調理器具: 鍋、フライパン、ハンドミキサー 食材(2人分): 【小イカの墨煮】 子イカ 500g (一つ10cm前後が理想)(なければ大きいものでも。ヤリイカ、スルメイカなど) 玉ねぎ(あれば赤玉) 3つ ピーマン 1つ トマト中玉 2つ 青リンゴ 1/2 ニンニク 2かけ 茹で卵 一つ 白ワイン120cc 水 400cc オリーブオイル 適量 塩 適量 【焼きなすとトマトの冷製】 ナス2つ トマト1つ 塩 適量 オリーブオイル 適量 飾り用の葉っぱ(ルッコラ、カラシナ 水菜 等) ※事前準備 なすはオーブンや魚焼きグリルで皮が焦げてくたくたになるまで焼いておいてください(20分ほど目安)。串やフォークで10箇所ほど穴を開けておくとよいです。 <プロフィール> 前田哲郎(料理人) 1984年金沢生まれ。高校卒業後、エアロビのインストラクターやおっぱいパブの客引きを経て料理人の道へ。25歳の時にスペインバスクへ渡り、一ツ星「アラメダ」勤務。その際に衝撃を受けた「アサドール・エチェバリ/Asador Etxebarri」のシェフ、ビクトルに直談判して勤務開始し、現在はスーシェフに。 https://www.gqjapan.jp/life/food-restaurant/20190211/asador-etxebarri <注意事項> ★料理の手順以外にも、シェフに当日聞いてみたい!という内容がありましたら備考欄に記入ください。当日時間の許す限り聞いていきます。 ・お申し込み後のキャンセルはできません。 ・イベント時のスクリーン写真を別途SNS等で共有させていただく場合があります。難しい方はお申し込み後個別にご連絡ください。 不明点等、お気軽にご連絡ください。皆さんのご参加を楽しみにお待ちしています。